超低浮上でマウスを研究するブログ

適当にデバイスレビュー

主にマウスのレビューを書きます

ロジクール「G PRO X SUPERLIGHT」レビュー

ゴミ。

個人的に買わないほうがいいと感じた地雷なPC周辺機器

自分で使ってみて地雷だなと思った商品を紹介します。ゲームに使う前提で書きます。 Logicool G203 Lightsync Pulsar Superglide Logicool G304 G304がベースの3Dプリントされたマウス エアーパッドソール(as4x、as3x) Razer Viper Mini Filco Majestouch2 L…

マウスのクリック感の調整、異音の対策方法まとめ

色んなマウスを使ってきて、クリック感の調整方法が少し掴めてきたので書きました。 ※注意 この記事には超高分子量ポリエチレンテープが何度か出てきますが、摺動部に使うので、耐久性の低いアルミテープやマスキングテープで代用することはおすすめしません…

あけおめ

2022年になったっぽいですね。今年も健康に生存することを目標にします。全てに感謝。

最強のマウスソール

コスパ最強は自作と言いましたが、性能面ではやはり市販品のほうが良いことに気づきました。 esportstiger arc2が最強です。あの長期安定性を謳ってるほう。滑り出しがマジで軽い。ちなみにワイはhyperglide、corepad、hotlineなんちゃらの3.0、esportstiger…

ロジクールのG304の入力遅延について

このマウスの反応時間は長いです。安かろう悪かろう。 先に言っておくとワイは数学が分からないので、文章中に間違った表現がある可能性が高いです。もしそういうのを見つけた場合は指摘してくれると嬉しいです。 どうやって遅延の計測を行ったかについては …

Artisanの零が変わったらしい。[検証]

全ての始まりはこのツクモさんのツイートでした。 Artisan マウスパッド「ゼロ」と「ライデン」はモデルチェンジ予定の為、現行モデルは在庫限りで終了となります。後継の具体的な情報は今のところ不明です。今必要な方はお早めに・・(こちらに表示されてい…

市販品に劣らない高コスパなマウスソールを作ろう

マウスMODについての記事第一弾です。需要があったらまた何か書こうと思います。 1セット約500円もする市販品(エアーパッドソールは個人的に論外)に対して、自作のマウスソールは1セット約50~100円で作れます。 その作り方を紹介していきます。削ることな…

今まで使ってきたゲーム向けマウスを一言で評価する

クオリティってのはシェルの加工精度(ビルドクオリティ)のことです 括弧内は購入年 g300s (2017) 初めてのゲーミングマウス ちっちゃい ボタンが多い センサーカス クオリティ低くはない g502 (2017) 縦にデカい 形状は割と手になじみやすい ボタンが多い …

Pulsar「XLite」レビュー

pulsarさんからレビュー用に提供をしていただけました。 まずは写真 zowieのec2とかなり酷似しています。 マウス スペック 形状 コーティング スイッチ類 センサー ソール ケーブル ビルドクオリティ ソフトウェア 分解画像など まとめ 付属のマウスバンジー…

RAZER「VIPER MINI」レビュー

手のサイズが19 x 10.5cmのワイがつかみ持ちの視点で感想を書いた記事です。 VIPER MINIはRAZERの4000円で買える低価格帯のゲーム向けマウスです。 スペック 形状 コーティング スイッチ センサー ソール ケーブル ビルドクオリティ ソフトウェア 分解画像な…

ASUS「ROG KERIS」レビュー

買ったので書きます。 初期のファームウェアがゴミカスなので買ったら必ずファームウェア更新を行いましょう。(目次→ソフトウェアから) 写真 2021年4月28日のファームウェア1.00.09でセンサーの遅延問題が完全に修正されました。これはうれしい スペック …

MouseTesterの使い方をまとめてみた

偉大なるMouseTester ↓ www.overclock.net microeさんとdobragabさんによるMouseTesterの機能や使い方をまとめてみました。にわかによるにわかのための記事です。 マウスのセンサーの挙動を記録してグラフにするソフトです。 マウステスターの紹介 マウステ…

高リフレッシュレートのモニターには高いDPIを使ったほうが良い理由

結論を言うと「微調整がしやすくなる」からだとワイは考えます。 多くのプロプレイヤーは400DPIや800DPIを使っていますが、ワイはそれが最適解だとは思いません。 240fpsに張り付くFPSゲームを例にして、キャラクターや敵の移動を無視して視点移動だけを考え…

スポンジが凄い日本製マウスパッド「ARTISAN NINJA FX ゼロ SOFT L」レビュー

買ったのでレビューします ARTISANのラインナップはとても豊富で、7種類の表面と4種類のサイズ、3種類の硬さを選ぶことができる。 今回筆者が購入したのは「ゼロ」の[S M L XL]サイズ、硬度[MID SOFT XSOFT]。 大きさ 表面 ステッチ加工 使った感想 まとめ …