超低浮上でマウスを研究するブログ

適当にデバイスレビュー

気になったことやPC周辺機器レビューを適当に書きます

G-Wolves Hati レビュー&欠陥を改善する方法

目次 

 

f:id:piaKnow:20191109180847j:plain

Hatiは中国メーカー「G-Wolves」が販売する60gの軽量ハニカムゲーミングマウスです。

 

基本的なスペック

センサー:PMW3360DM-T2QU

大きさ(mm):124 x 64 x 40

ポーリングレート(Hz):125,250,500,1000

重量:60±2g

 

 レビュー

色んな持ち方にフィットしやすいlogicoolPRO Wirelessと似た形をしています。

f:id:piaKnow:20191109182342p:plain

 

 

・かぶせ持ち(手18.5cmくらい)

f:id:piaKnow:20191109183916j:plainf:id:piaKnow:20191109183834j:plain

なめら~かに台形から逆台形に変化していく両サイドのおかげで指がめっちゃフィットします。持ちやすい。

f:id:piaKnow:20191109183528j:plain


ただしお尻が丸いので、手が小さい人だと手首が浮いてしまうかもしれません。

 

・つかみ持ち

f:id:piaKnow:20191109184037j:plainf:id:piaKnow:20191109184028j:plain

お尻全体が手首にあたるので安定して持てます。めちゃ持ちやすい。

 

・つまみ持ち

f:id:piaKnow:20191109184334j:plainf:id:piaKnow:20191109184403j:plain


両サイドの凹みが良い感じに指を引っ掛けてくれるので安定感抜群です。めちゃ持ちやすい。

 

ボタン、ホイールなど

メインボタンはTTC製のGoldenというマイクロスイッチを採用しています。

f:id:piaKnow:20191109185252j:plain

第一印象は「音がでかい」。

はっきりしたクリック感がある反面、反発Logicoolの最新マウスに使われるD2FC-F-K(50M)や、よく出回っているD2FC-F-7Nシリーズよりも弱く感じました。

D2FC-F-7N(20M)とD2F-01Fを足して2で割ったような感触です。

好みが分かれるところですが、僕は高反発のほうが好きなので、D2FC-F-7N(20M)に交換しました。Amazonで手軽に買えるのでおすすめです。

 

サイドボタンには無印Huanoが使われていて、ちょっと高反発で良い感じです。

 

ホイールにはラバーのつぶつぶがついていて指が滑りづらいです。

エンコーダーTTC製で、軽いのにしっかりした指ごたえがあります。

 f:id:piaKnow:20191109190956j:plain

 

センサー

トップクラスのセンサーの一つであるPMW3360です。加減速、カウント飛び、補正、ジッター共に皆無でした。

リフトオフディスタンスは初期状態で約1mmと非常に優秀です。

f:id:piaKnow:20191109191422j:plain

 

ケーブル

デフォルトのケーブルとしてはめちゃ柔らかいです。ただシールド線が入っているので、どうしてもパラコードには劣ってしまいます。

ワイヤーが柔らかいシリコン被覆のものなので、ケーブルを分解してシールド線を無くせば、新しくパラコードを購入しなくても十分な柔らかさが得られます。

 

ソフトウェア

f:id:piaKnow:20191109202430p:plainf:id:piaKnow:20191109202436p:plain

f:id:piaKnow:20191109202438p:plainf:id:piaKnow:20191109202440p:plain

公式サイトhttp://www.gm-wolves.com/appからダウンロードできます。

インストールの際には管理者権限とウイルス対策ソフトの無効化が要求されますが、インストール後にWindows Defenderでスキャンしてみたところ、問題ありませんでした。

DPI変更(100刻み)、ポーリングレート、スクロールの速さ、ボタン割り当て、マクロ、デバウンス時間(チャタリング防止機能、基本的には4msがおすすめ)、リフトオフディスタンスが設定できます。

また、マウス本体にオンボードメモリがついていて、プロファイルを3つ保存できます。

めちゃ有能です。

 

その他、画像など

付属品

f:id:piaKnow:20191109193335j:plain

替えのソール・スイッチ・ケーブルとグリップテープがあります。めちゃ豊富です。

グリップテープは結構いい感触ですが手汗をかくとすべすべになるので好みが分かれそうです。

 

 分解画像

f:id:piaKnow:20191109193903j:plain

ねじが6本なのはすごいと思いました。

 

まとめ

9000円のPRO Wirelessだと思ってます。

PRO Wirelessが気に入った人にはめちゃおすすめできます。

 

いいところ

・軽い

・いい形

・ケーブル柔らかい

・付属品が豊富

・ソフトウェアが高機能

わるいところ

 ・ちょっと高い

・手汗の跡が目立ちやすい

・クオリティーはちょっと低め(改善方法は下にあります)

 

購入リンク

Amazon(割高ですが届くのが早いです)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07XP3V22S

https://www.amazon.co.jp/dp/B07XKSBF8Z

https://www.amazon.co.jp/dp/B07XJN5T1S

https://www.amazon.co.jp/dp/B07XNXGHFQ

X-Raypad(割安ですが届くのに2週間くらいかかります。改良されたロットが入荷したようですが詳しくは分かりません)

https://shop.x-raypad.com/product-category/products/other-gaming-gear/gaming-mouses/g-wolves-mouse/hati-mouses/

 

 

 

懸念点とその直し方

気になったところ

・ホイールがチルト機能があるかのように左右にガタガタ動く

・メインボタンのガワが左右に揺れる

・強く握るとガワがギシギシ鳴る

・クリックがほかのマウスに比べて十数ミリ秒遅延が多い

 

直し方

※ここからは自己責任で行ってください。

 

・ホイール


f:id:piaKnow:20191109195334j:plain

ホイールを支えているところに0.5mmくらいのプラスチック片を貼れば改善されます。

プラスチック片は家電のパッケージなどから取れます。

 

・メインボタン

f:id:piaKnow:20191109200716j:plain

画像のように、ボタンを支えてる黒いガワにアルミテープを重ね貼りすれば改善されます。重ね貼りすると取れてしまう場合はテープを半分に折って、瞬間接着剤を使ってみてください。

揺れ具合には個体差があるので、一枚ずつ貼って試してみましょう。貼りすぎると引っ掛かりを感じる場合があります。

 

・ギシギシ音

f:id:piaKnow:20191109201556j:plain

このようにアルミテープをガワに貼り付ければ摩擦が軽減され、ギシギシ音が減ります。

僕の個体ではお尻の部分しか鳴りませんでしたが、個体によってはほかの場所が鳴ることもあるでしょう。

音の発生源を特定して、部品と部品接触する部分にアルミテープを貼れば大体は改善されると思います。

 

・クリックの遅延

公式サイトhttp://www.gm-wolves.com/appにあるHT-M3360のファームウェアをダウンロードし、アップデートすれば改善されます。

アップデートの際にはソフトウェアを閉じ、終了後はマウスを一度抜き挿ししてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

気になったことなどがあれば是非お気軽にコメントをください。

見てくれてありがとうございました。